2008年期待の輸入車ベスト5

2008年期待の輸入車ベスト5
M・ベンツCクラスステーションワゴンやBMW1シリーズクーペといった派生モデルや、C63AMGにM3セダン、さらにはアウディRS6などハイパフォーマンスモデルの上陸にも期待大だけれど、一番の注目はなんと言ってもアウディA4。昨年後半の各モーターショーを“沸かした”ニューモデルが続々、日本市場に上陸する予定だ。日本への導入予定という意味で、全容が判っているクルマの中から国別に1台ずつ選んでみた。

ちょっと幅があるのが気がかりだけど、性能は抜群らしい。Cクラスで盛り上がったDセグメントをさらに沸かせること必至!クーペのA5も格好いいしねえ。春頃、上陸予定だ。

輸入車界、08上期期待のA代表というわけである。前世代がビッグマイナーチェンジだっただけに、進化の度合いにも期待大。今年上期において期待がもてる輸入車は、当然、その中から選ぶことになる。

ドイツ代表は進化に期待のアウディA407年9月のフランクフルトショーで初披露された、8代目となるミドルクラスサルーンのアウディA4。アウディのデザインアイコンであるシングルフレームグリルを踏襲まずは、ドイツ勢。

| 独逸

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。