正規ディーラー

ベンツの日本における販売
S600日本における販売台数は、49,713台(2006年、日本自動車販売協会連合会)である。内訳は、1位:Eクラス 9,639台、2位:Sクラス 8,078台、3位:Cクラス 8,042台、4位:Bクラス 7,189台、5位:Aクラス 5,157台(2006年、日本自動車輸入組合)など。  

ベンツの乗用車
正規ディーラーとして長年取り扱ってきたヤナセと、1990年代以降にスタートしたシュテルン(現メルセデス・ベンツ店)での取り扱いが行われている。

バブル景気末期の1980年代後半から1990年代前半にかけて、一部の三菱ギャラン店で販売されていた事があった。現在も三菱系ディーラーがメルセデス・ベンツ店を運営する場合もある。またシュテルン店の母体の一部にはトヨタや日産などの国産車ディーラーの子会社が運営しているところもある。このほか、並行輸入がいくつかの輸入業者によって行われており、正規輸入ディーラーでは取り扱っていない車種やオプションの組み合わせを購入することが出来る。

メルセデス・ケア
1998年4月以降(AMG、Gクラスは6月以降)に、正規販売店で新車を購入した場合、3年間の無料保障と故障や事故時に「24時間ツーリングサポート」を受けることが出来るサービス。 特徴的なのは、一般的な故障などのほか、ワイパーブレード、オイル、ブレーキパッド、ブレーキディスクなど一部ではあるが消耗品も無料交換の対象となることである。車検整備にかかる費用及び車検取得に必要な諸費用は含まれない。

欧米出荷モデルと日本モデルとの違い
欧米の正規代理店で購入できる車種と、日本国内の正規代理店から購入できる車種で、装備や内装などに違いがあることがある。販売戦略によるケースが大部分であるが、一部法規や、マーケティング分析の明らかなミス・手抜きと思われる様なものもあり、ユーザー間で是正が待たれている。

他の高級車に装備されたり、欧米での購入時には対応できるもので、国内購入のメルセデス・ベンツに装備されないものの一例
ハンズフリー装置 : DoCoMoおよび、FOMAのみ対応。BMWなどの競合他社は基本的に全キャリア対応となる。
HDDカーナビ : Sクラスや、Aクラスなど一部の車種のみに対応しており、(最販売車種であるEクラスなどには設置ではない)競合他社は基本的に標準かオプションなどでHDDカーナビを選択することが出来る。
オートクルーズコントロール : 前車との位置により自動的に加減速する装置であるが、法規上の問題に対応できず[要出典]Sクラス以外には装備されていない。
iPod接続機能 : 最近販売された一部車種のみ接続でき、大部分の車種で接続できない。(外部入力端子そのものがないケースが多い)
SOSシステム : 事故時などに、自動的に事故情報と生存者の状況を問い合わせるための音声回路が接続されるシステム。北米で運用されている。

商用車
正規輸入ディーラーとしてコマツ、シュテルン及びその他ディーラーでの取り扱いが行われている。


ベンツのバス
日の丸自動車興業が導入したメルセデス・ベンツO303RHDウェスタン自動車(メルセデス・ベンツ日本総代理店)によって1985年に輸入され、1986年に宮城野観光バスに導入されたものが最初である。その後、日の丸自動車興業や岐阜バスなどで導入された。

ほとんどが貸切バスとしての導入であるが、日本急行バス(当時)では、名神ハイウェイバス名古屋〜神戸線を中心に「ベンツ特急」と銘打って昼行高速バスへ投入した。

1993年に西日本鉄道などへ導入された2台を最後に、新車での輸入は途絶えているが、その後2006年になって、東京都内の新規貸切バス事業者によって、イギリスで使用されていたスーパーハイデッカー「トゥーロ」が中古車で2台輸入されている。


⇒ベンツをもっと詳しく見る

| 独逸

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。