アウトバーン

概要
「アウトバーン」を逐語訳すると「自動車の走る道」である。現在はその他に高規格の自動車専用道路をシュネル・シュトラーセ(Schnellstrasse)と呼んで区別している。アウトバーンの路線番号は東西方向が偶数、南北方向が奇数に割り振ってある。

アウトバーンはドイツ国内だけでなくヨーロッパ各国の高速道路と密接に接続され、スイス、フランス、オーストリア、オランダなどの高速道路にも接続されている。スイスの国境には本線上に国境ゲートがあらわれ、年間通行料金を支払いフロントガラスに貼るステッカーを渡される。フランスの高速道路・オートルートは有料となっている区間が多く、国境を越えると本線上に料金所が現れる。オランダの高速道路は無料であるため国境を示すEUの標識があるだけである。

シュネル・シュトラーセの制限速度は大体120km/hとなっている。ドイツの速度制限ルールはいたって簡単で、街の始まりを示す標識、終わりを示す標識の間の市街地は50km/h、それ以外は100km/hである。

人や馬も歩く道ではなく、専用道的な意味合いを持つ。例:Sバーン(近距離鉄道)、Uバーン(地下鉄)、シュトラーセン・バーン(市電)全部鉄道である。アウトバーンも自動車専用道路である。

歴史
アウトバーンの最初の構想と計画、限定的な建設は1920年代のワイマール共和国時代においてであった。しかし計画の大部分は経済問題および政治的援助の不足によって、ベルリンのレースサーキット、アヴスの一部をのぞいて建設は進まなかった。計画の内の一つは、ハンブルク北部からフランクフルト・アム・マインの中央部を通りスイスのバーゼルに抜ける自動車専用道「HaFraBa」であった。「アウトバーン」の名称は1929年に創られた。

第一次世界大戦後のドイツは莫大な賠償金を請求されるなどしてハイパーインフレーションに陥った上、その後の世界恐慌による不景気で深刻な経済状況となり国内は大量の失業者であふれていた。1933年のナチ党による政権成立後アドルフ・ヒトラーは経済政策の一環としてアウトバーン計画を含む公共事業に注力した。アウトバーン建設総監に任命されたフリッツ・トートの指揮下に建設が進められた。公共事業のおかげでドイツでは失業者が大幅に減少した[1]。アウトバーン計画はプロパガンダに利用され、6ヵ月の無償勤労奉仕 (Reichsarbeitsdienst) を義務付けられたナチ党の青少年がこれに参加し、新しいドイツの建設という国民意識の高揚に大きく寄与した。

アウトバーンは世界で初めての高速道路ネットワークであった。このことはドイツを世界屈指の自動車大国に作り上げていく大きな礎となったと言える。フランクフルトからダルムシュタットまでの最初の区間は1935年に開通した。この直線区間は1938年前半にドイツ人レースドライバー、ベルント・ローゼマイヤー (Bernd Rosemeyer) の致命的な事故が発生するまでメルセデス・ベンツおよびアウトウニオンのグランプリチームによって最高速度記録達成のため使用された。 第二次世界大戦中は連合軍の空襲を避けるためにトンネルや近くの森の中に航空機を隠し、アウトバーンを滑走路代わりとして利用した。連合国による激しい爆撃によってアウトバーンは多くの部分が破壊されたが、戦後西ドイツ地域の区間は早急に修復が行われた。一方東ドイツおよびポーランド政府はその修復を怠った(というより経済的な事情で出来なかったのである)。1950年代に西ドイツ政府は構築プログラムを再開し、新区間の建設および既存区間の改良に多額の投資を行った。1980年代には西ドイツ国内ですべての世帯から10km以内のアクセスを提供する準備ができていたが、ドイツ再統一後は大部分の建設計画と資金を忘れ去られていた東側にシフトした。

制限速度
アウトバーンには速度無制限区間と速度制限区間がある。速度無制限区間であっても無制限なのは乗用車だけで、トラックは80km/hが制限速度になっている。日本と同様に自動速度違反取締装置(カメラ)が設置されているところもある。近年は速度制限区間が多くなり、速度無制限区間は路線全体の20%以下となっている。ちなみに速度無制限区間における推奨巡航速度は130km/hとされている。 速度無制限区間であっても、路面の荒れが激しいことや交通量の増大に伴い混雑が激しいこと、すぐに速度制限区間に到達してしまうことなどから、近年の幹線道路においては、交通量の少ない地方の路線を除いて、300km/hの高速で走行することは難しくなっている。

料金
A20かつては全線無料だったが、東西冷戦の終結、EUによるヨーロッパ経済の統合によって、ヨーロッパの中間に位置するドイツのアウトバーンは東西交通の要として重要な存在となっている。そのため、各国からの交通量の増加に加えて周辺の環境対策や道路の整備維持など、莫大な費用がかさんできており、現在ドイツ政府は有料化の方向で検討している。2005年1月より12トン以上の大型トラックについて有料となった。ただし料金所もゲートも存在しないので、GPSと携帯電話による通信を用いた課金方法を取っている。


⇒ベンツをもっと詳しく見る

| 独逸

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。